日本酒で二日酔いにならないための方法とは何か

日本酒で二日酔いにならないための方法とは何か

日本酒を飲むと必ずといって二日酔いになる、そういう人は飲み方を見直すことが大切ではないでしょうか。
二日酔いの原因には飲み過ぎもありますが、飲むペースが早過ぎるのも理由の1つです。
そのため、おつまみや食事などを用意して、食べながら交互に日本酒を飲むようにすることをおすすめします。
空きっ腹にアルコールは胃にも良くないので、必ず何かを口にしてから飲むのが正解です。
胃腸が空だと短時間にアルコールが吸収されてしまい、悪酔いの原因になるので注意です。
しかし一番重要なのは水を用意することで、水分補給をしながら日本酒を楽しむ飲み方です。
アルコールの分解には水が必要で、日本酒に含まれる水分では足りませんから、水を用意すること、そして時々口にして水分補給を行うことが二日酔いの防止にもなります。
時々水を飲むと休憩を挟みつつアルコールを飲む形となるので、その意味でも二日酔いになりにくいといえるのではないでしょうか。

含まれている成分がお肌によいとされる日本酒

日本の伝統的なお酒である日本酒ですが、その歴史は古くお正月をはじめ季節の行事などで親しまれてきました。
現在でも晩酌はもちろん、お酒好きの方へのお土産やプレゼントにも選ばれています。
アルコール度数が高いのが特徴で、純米酒、吟醸酒、本醸造酒などと分けられおり、純米酒の原料はお米、麹、水ととてもシンプルです。
愛飲家も多い日本酒ですがお肌によいとされ、化粧水や乳液といったコスメの材料に使用されることも。
お風呂に日本酒を入れた酒風呂を楽しめる温泉施設もあり、家庭でも楽しめるお風呂専用のお酒も販売されています。
日本酒に含まれているアミノ酸などの成分によって保湿や美白といった効果が期待できるようで、コスメの中には歴史のある酒蔵がさまざまな化粧品を展開している場合も。
冬場のお肌の乾燥にお悩みの方は、手軽な化粧水などで一度試してみてはいかがでしょうか。
日本のお酒は呑むだけでなく、美容界まで幅広く活躍しています。

日本酒に関する情報サイト
日本酒を知ろう

当サイトはあまり知らなくてもこれを読めば大丈夫、という日本酒について初心者へのわかりやすい解説を掲載しています。これまであまり飲んだことがないという場合でも、きっと役立つ知識が増えるはずです。日本のお酒には辛口と甘口がありますが、その見分け方もご紹介しています。さらに日本のお酒で二日酔いにならないための方法にも触れています。もっと日本のお酒を楽しみたい、奥深い世界を体験したいという場合におすすめです。

Search