日本酒の辛口と甘口の見分け方とは

日本酒の辛口と甘口の見分け方とは

日本酒には大きく分けて辛口と甘口がありますが、その見分け方については案外知らない人も多いのではないでしょうか。
辛口と甘口を見分ける基本は日本酒度で、これは数字によって表現されます。
数字にマイナスがつくと甘く、プラスで数字が増えるほど辛くなりますから、誰でも簡単に見分けられます。
目安としては±1.4が普通で、1.5~3.4でやや辛口、逆に-1.5~3.4だとやや甘となります。
辛口や大辛口、甘口も同様に、3.5~5.9、6.0以上で分類されています。
見分け方には他にも、淡麗辛口や濃醇甘口のように、酸度で見分ける方法があります。
初心者向けの配慮がある日本酒だと、ラベルにいずれかの表現が用いられていたり、味のイメージに役立つヒントが設けられているものです。
いずれにしても、日本酒は実際に飲んでみないことには分からない複雑なお酒なので、まずは普通ややや辛口、やや甘口から試してみるのが良いのではないでしょうか。

甘口で飲みやすい日本酒はアルコール分が少ない

日本酒は甘口で飲みやすい銘柄が好きだという人もいるはずです。
ただし辛口は舌がピリピリする、甘口は甘酒のような味わいと考えている場合は少し違うことを知っておきます。
ワインの場合は酸味が少なくぶどうの味わいに近いものが甘口なので分かりやすいですが、日本酒は一般的にイメージする甘いという感覚とは少し異なります。
日本酒の場合は、酵母がアルコールによって分解されなかった糖分がどのくらい残っているかで決まり、糖分が多く残っているものが甘口で、ほとんどアルコールに分解されたものが辛口です。
どちらであるかはラベルに表示されている日本酒度で判断でき、表示されているマイナスが大きいものほど甘口で、小さいものは辛口ということになります。
甘口の特徴は糖分が多くアルコール分が少ないことからトロッとした舌触りがあり、口当たりがマイルドで飲みやすいことです。
アルコール分が多い辛口にありがちなピリッとした感覚が控えめなので、つい飲み過ぎてしまいそうになります。

日本酒に関する情報サイト
日本酒を知ろう

当サイトはあまり知らなくてもこれを読めば大丈夫、という日本酒について初心者へのわかりやすい解説を掲載しています。これまであまり飲んだことがないという場合でも、きっと役立つ知識が増えるはずです。日本のお酒には辛口と甘口がありますが、その見分け方もご紹介しています。さらに日本のお酒で二日酔いにならないための方法にも触れています。もっと日本のお酒を楽しみたい、奥深い世界を体験したいという場合におすすめです。

Search