知識がなくてもこれを読めば大丈夫!日本酒について初心者へわかりやすく解説

当サイトはあまり知らなくてもこれを読めば大丈夫、という日本酒について初心者へのわかりやすい解説を掲載しています。
これまであまり飲んだことがないという場合でも、きっと役立つ知識が増えるはずです。
日本のお酒には辛口と甘口がありますが、その見分け方もご紹介しています。
さらに日本のお酒で二日酔いにならないための方法にも触れています。
もっと日本のお酒を楽しみたい、奥深い世界を体験したいという場合におすすめです。

知識がなくてもこれを読めば大丈夫!日本酒について初心者へわかりやすく解説

楽しい仲間と一緒に飲んだり1人でしみじみ飲んだりしても美味しい日本酒は、ハードルが高く知識がないと難しいと思っている人が多いのではないでしょうか。
日本酒は日本で古くから独自の製法で造られてきたお酒です。
米や米麹、それから水を用いて発酵させて造られています。
酒米という食べるタイプのお米とはまた違った酒作り用のものが使われているのが特徴です。
常温や冷やしたりして飲むことが多いですが、温めたりカクテルにしたりして飲むこともあります。

初心者の場合には最初に日本酒にどんな種類があるのかを調べておく

ワインやシェリー酒やウイスキーやシャンパンやブランデーや紹興酒や本格焼酎など、初心者がとっつきにくいお酒はいくつかありますが、日本酒もその代表格です。
普段はカクテルやビールや酎ハイなどを飲んでいるけど、奥深くて味わい深い日本酒にチャレンジしてみたいという方は多いのではないでしょうか。
そんな日本酒初心者が最初にチェックしておくべきなのが種類です。
熱燗に最適な純米酒やスタンダードな本醸造酒など様々な種類が存在しますが、初心者におすすめなのは吟醸酒です。
フルーティーで爽やかな味わいで口あたりもなめらかで、初めての方でも飲みやすいという印象を抱くはずです。
冷酒や熱燗や常温で飲むと少しアルコール度数が高めで飲みにくいなと感じる場合は、スパークリング清酒を選んでみましょう。
シャンパンのようなお洒落な見た目でアルコール度数も低めですので、お酒自体が苦手な方でも炭酸ジュース感覚で飲めてしまうカジュアルさが魅力です。

初心者でも通販で簡単に日本酒を選ぶことができる

初心者が居酒屋で日本酒を注文するにはハードルが高いですが、通販であれば誰でも簡単に選んだり注文できるのではないでしょうか。
居酒屋で初心者が注文に躊躇する理由には、日本酒について詳しく知らないことが挙げられます。
つまり飲んだことがないので分からない、選び方を知らないのでどのように注文すれば良いのか分からず恥ずかしい、そういった思考が躊躇させるわけです。
一方、非対面で自宅にいながら注文ができる通販は、日本酒に関する情報に目を通しながら選べるので、初心者にも非常に選びやすいです。
迷った時はおすすめを参考に選ぶこともできますし、リクエストありのお店を利用すれば、好みを伝えて選んでもらうことが可能です。
中には、届いてみるまでお楽しみというところもあるので、そういう福袋的な方法でも日本酒を買うことができます。
リクエストありを利用するか、自分で選ぶかは自由ですし、ラベルのデザインや銘柄で選んでも怒られませんから、かなり利用しやすく楽しく選べるのではないでしょうか。

初心者が上手に日本酒を探すときのコツとは

初心者が上手に日本酒を探すコツはラベル情報の内容に注目することで、最近のラベルには英文やイラスト入りなど、凝ったデザインのものが多くなっています。
ラベルには日本酒選びのヒントが多く含まれており、特に製法のカテゴリーと特定名称をチェックすることでどのように作られたかを把握することができ、それが味の予測にも繋がります。
初心者が日本酒を知る上でおさえておきたいのは、純米タイプか本醸造タイプかというところで、これは特定名称に表記されているので初めての方でもすぐに理解することができます。
純米タイプはお米と麹のみで作られたお酒で、余計な添加物が含まれていないので初心者でも安心して味わうことが可能になります。
一方で本醸造酒はアルコール添加物の含まれたお酒のことで、このアルコール添加物は醸造アルコールと呼ばれ、日本酒の個性をより引き出すために使用されていて、純米タイプと飲み比べてみてもその違いがよく分かります。

初心者向けの日本酒を探すときのポイントとは何か

今や世界中の人たちに親しまれ愛され続けている日本酒ですが、その味わいは想像以上にさまざまです。
日本のお酒にあまり馴染みのない人は、初めて飲むのに一体どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。
ここではそんな日本酒ビギナーのために、選ぶ時に抑えたいポイントをご紹介します。
チェックしてもらいたいのは瓶の裏などに貼ってあるラベルです。
ここに味わいを数値化した指標が表記されていますから、この指標を知ることで好みの日本酒が簡単に選びやすくなるという訳です。
主に見てほしいところは糖度と酸度で、糖度は日本酒度と書かれていますが、マイナスの数値が大きい程糖分が多い甘口で、また酸度も高い数値は辛く感じて低い数値は甘く感じます。
なので初めての方は糖度と酸度共に数値の低い甘口がおすすめです。
その他にも、飲みやすいと評判なスパークリングタイプもあります。
まるでシャンパンのような華のある軽やかさが特徴で、こちらもおすすめのお酒です。

日本酒に関する情報サイト
日本酒を知ろう

当サイトはあまり知らなくてもこれを読めば大丈夫、という日本酒について初心者へのわかりやすい解説を掲載しています。これまであまり飲んだことがないという場合でも、きっと役立つ知識が増えるはずです。日本のお酒には辛口と甘口がありますが、その見分け方もご紹介しています。さらに日本のお酒で二日酔いにならないための方法にも触れています。もっと日本のお酒を楽しみたい、奥深い世界を体験したいという場合におすすめです。

Search